CyberPowerについて環境方針
ホーム
製品
サポート
CyberPowerについて
求人
連絡先
 
 

環境方針


CyberPowerはRoHS/WEEE指令に準拠することをコミットします

世界中の殆どの国では、すべての電子コンポーネントを含む製品の製造、廃棄を管理する新しい環境規制を実施するために必要な準備をしています。
最初のものとしては、欧州連合のWaste Electrical and Electronic Equipment Directive(WEEE)が2005年8月に施行されました。
また、電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限(RoHS)は2006年7月1日から施行されています。
RoHSは世界中に影響を引き起こしました。
CyberPowerはオランダとロシアに支社を置いて長年EU市場に注力してきましたので、もちろん、RoHSとWEEEは施行前から従っていました。


RoHSとは何ですか? (RoHS Directive (2002/95/EC))

電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限(RoHS)は、欧州連合(EU)によって法律として制定されました。
内容は、鉛、カドミウム、水銀、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル(PBB)とポリ臭素化ジフェニルエーテル(PBDE)を含んでいる電気・電子機器のメーカー、販売店、卸売業者と再生業者に影響を与えます。
2006年7月1日以後、これらの材料の使用はヨーロッパでは全ての製品で禁止されています。
RoHS 指令はWEEE指令を補完したものです。


WEEEとは何ですか? (WEEE Directive (2002/96/EC))

The Waste Electrical and Electronic Equipment Directive (WEEE) はEUの電気・電子機器の製造、販売、流通、リサイクルをしている会社と消費者に適用され、全ての家庭機器、IT機器、ラジオとオーディオ機器、電気ツールと通信機器をカバーします。
WEEE は電気・電子機器から生じている無駄を削減して、これらの製品のライフサイクルに関係する全ての環境性能を向上させようとしています。


CyberPowerの約束

CyberPowerは常に、最高の品質、最高の仕事、最も互換性を持つ製品を生産することを主張しています。
そして、先進の製造プロセスと手順に加えて、優れた性能と互換性テストを通して最高の製品を生産するという評判を得ています。
このために広範囲の鉛フリーのはんだ信頼性分析を完了してRoHS対応部品を得るために、ベンダーとは非常に密接に仕事をしてきました。
現在、鉛フリーのCyberPower製品は注文内容と材料の供給状況によって、すぐに入手できます。
特定の条件があるお客様は別途営業窓口へご相談ください。

CyberPowerは安全できれいな環境を維持するために環境問題に取り組んでいます。
この企業努力は製品のみに限られていません。
製品梱包箱、さまざまなパッキング材料、プラスチック箱、インク、他の全ての出荷をするために用いられる材料を処理して、弊社の製品はRoHSガイドラインを満たします。
IECQC HSPM認証だけでなくISO-14001環境管理システムを達成しました。
受賞したCyberPowerのエンジニアチームはお客様の予想を上回る業績を挙げ、UPS業界での革新を続けています。