サポートテクニカルサポート
ホーム
製品
サポート
CyberPowerについて
求人
連絡先
 
テクニカルサポート
 

クイックスタートガイド

CyberPower UPS システムをインストールするための簡単な手順。
バッテリを充電する前に、UPSのバッテリ側に何も接続しないでください。
ご使用の8時間前にバッテリを充電してください。

下記のステップに従ってバッテリを充電してください。

  1. 壁面コンセントに接続する前にUPSの電源がオフになっていることを確認してください。
  2. 壁面コンセントにUPSを接続してください。
  3. より上手にバッテリを発揮させるため、初回充電はオフのまま行ったほうがお勧めです。その後の充電はオン・オフ両方OKです。
  4. 装置は2~3秒間、バッテリへのサイクリングによるセルフテストを実行します。
  5. この時、「電源オン」ライトが点灯している必要があります。
  6. システムが使用可能なことを確認するステップ1~5が完了した後、サージ保護が使用可能になります。
    UPSの電源をオフにして、アイテムをサージ保護側に接続してください。
  7. 上記の通りに操作をすると装置の充電が始まり、およそ8時間で充電が完了します。

全ての電気機器と同様にUPSのコンセントに何らかの機器を接続する前には、必ずUPSの電源をオフにしてください。

技術的な問題がございましたら、support@cpsww.co.jp までお問い合わせください。


 
 
UPS カレッジ – 初級クラス
01. UPSとは何ですか?
UPSとは"Uninterruptible Power Supplies"の略で「無停電電源装置」のことです。
UPSは機器の停電、電圧の低下または他の電源の問題(サグ(SAG)、スパイク、サージ、インターフェースのノイズなど)が起きている間、危機的瞬間に即座に予備電源を供給します。
サージは発生時にACコンセントまたは電話回線を経由してコンピュータに入り込み、まずモデムまたはマザーボードを狙い、次にチップ、そして最終的には高価なコンピュータハードウェアコンポーネントに悪影響を与えます。
その後、使用中のシステムはデータを損失して突然シャットダウンすることになります。
今までの長期間の努力が、わずか1秒で突然消えてしまう事に耐えられますか?高価な機械が無用の長物になることを認められますか? 更に多くの電力の問題が起こって、多大なコストが発生することになります。

UPSは、上記の腹立たしい問題を解消するために設計されました。
第1に、UPSはしばしば外部の要因に影響を受けるAC入力電圧を複雑な機械が必要とする許容電圧範囲に変換して、安定した電力供給を提供できます。
第2に、停電または電圧低下の間にシステムを危険なシャットダウンとデータ損失から保護するためにUPSは10秒以内に一貫したバッテリバックアップを行います。
第3に、不安定な天候、または電力環境の悪い所で住んでいる場合には、サージ、スパイク、雷の稲妻から繊細な電気機器を保護するためにUPSが必要になります。

 
02.なぜUPSが必要になるのですか?
下記は調査会社が発行した電力問題の重要性を示している記事の一部です。
  • 電力の問題はコンピュータ ダウンタイムの中で2番目に多く、かつ予防できる原因です。 (出典:HP白書:シングルシステム可用性向上)
  • 電力の問題はデータ損失の主要な原因であり、コンピュータ ウィルスの15倍も頻繁に起きる問題です。(出典:非常時対策計画)
  • 電力問題(サージと雷)は、2001年と2002年のデスクトップコンピュータ損失の一番多い原因でした。(出典:Safeware保険会社)
  • 電力障害はすべてのサーバダウン要因のおよそ3分の1を占めます(出典:IDC)。 電力供給におけるサグ(Sag)は、コンピュータ クラッシュの内の87%を引き起こしています。(出典:AT&Tベル研究所)
 
03.UPSはどのような機器を保護できますか?
UPSは通常、複雑で高品質な連続運転を必要とするPC、ワークステーション、モニタ、ファイアウォール装置、医療装置などで利用されます。下記はUPSの最も一般的な用途です。
  • PC / ワークステーション:モニタ、モデム、外部周辺機器
  • サーバー
  • ネットワーク装置:ハブ、ルータ、スイッチ含む
  • 通信機器:ホームシステム、モニタリングシステム、アラーム、POS含む
  • データ ストレージアレイ:RAID、テープ含む
  • 他ストレージ:ファックス、スキャナ、プロジェクターなど
 
04.市場にあるUPSとサージ抑制製品では何が違うのでしょうか?
下記は、サージ保護、電圧レギュレータ、UPSにおける比較表です。
電源問題 サージ保護 電圧レギュレータ オフライン UPS ラインインタラクティブ式UPS オンラインUPS
低電圧 X X / △ O
高電圧 X / △ O
停電 X X O O O
ノイズ妨害 X X X O
サージ X / △ O
変動周波数 X O

O: 最優先保護        △: 限定保護        X: 保護なし

 
05.どのサイズのUPSを選べばいいでしょうか?

まずは機器の電力条件を下記に沿って決める必要があります。

バッテリ電源供給コンセントにつなぐ機器がUPS装置の許容容量(例えばPR1500Eは1500VA/1000W,  PR2200Eは2200VA/1600W)を越えないことを確認してください。
もし許容容量を上回るようであれば、過負荷状態になりUPS装置はシャットダウンまたはブレーカが働く原因になるとともに、それらの状況を引き起こすこともあります。

機器の電源条件がボルト/アンペア(VA)以外の単位で表記されているときには、下記の計算でワット(W)またはアンペア(A)をVAに変換してください。
注:下記の方程式は、機器の最大容量を計算するだけで、機器が通常使用する値ではありません。ユーザーは計算値のおよそ60%を使用条件として考えなければなりません。

次に、下記のように電源条件を算定します。

  • ___ ワット(W) x 2.0 =___ VA or ___ アンペア (A) x 100 = ___ VA

  • 機器のすべての合計を計算して、実際の必要条件を計算するためにこの合計値に0.6を掛けてください。
    これらは、コンピュータシステムが必要とする電力量に影響を及ぼす多くの要因がありますので、バッテリ電源コンセントの総負荷は、装置容量の80%を上回らないようにします。
 
 
UPS カレッジ – 上級クラス
01.どのようにUPSを選びますか?
下記は最適なUPSを選ぶための提案です。
  • どのUPSがあなたの要求と予算を全体的に満たすかを考えてください。例えば、高品質の電力供給が必要で予算に余裕がある場合は、オンラインUPSが最適な選択になります。
  • インターネット サーチ エンジンまたは地元の販売店で市場に出ている現在のUPS製品を探して、それに必要な仕様の種類を確認してください。主な要素を下記に記載します。
    ‧ 電圧
    ‧ UPS実行時間
    ‧ 機能
    ‧ 効率
    ‧ バッテリ交換
    ‧ サポートされているオペレーティングシステム(OS)
  • 技術仕様を調べるほかに、信頼できるUPSブランドであることも必要です。UPSブランドを評価するためのアドバイスを下記に記載します。
    ‧ 信頼できる評判と健全な財政
    ‧ 研究開発力と自己生産能力
    ‧ 完全なテクニカルサポートとリアルタイムサービス
    ‧ TUV、UL、CSAなどの安全規格を取得した製品
    ‧ ISO9001、ISO9002のような標準的な認証を取得済みの製造工場

 
02.どのタイプのUPSを選べばいいですか?
技術的な機能により、UPSはオフラインUPS、ラインインタラクティブ式UPS、オンラインUPSの3カテゴリに分類されます。 下記はUPSカテゴリの比較チャートです。
オフラインUPS
特徴 ‧電源中断中はバックアップモードのみ
‧シンプルな構造で入力電圧を安定させる機能が無い
‧自動電圧調整なし
‧転送時間は10ms 以下
‧ノイズ、サージからの保護機能が弱い
‧制御が簡単
‧価格は低価格帯
適用 ‧PCまたは、危険度の低い装置
環境 ‧居住地区、または電源品質が安定しているビジネス地域で使用され
  る
ラインインタラクティブ式UPS
特徴 ‧オフラインUPSとオンラインUPSのハイブリッド
‧電源品質はオフラインUPSとオンラインUPSの中間くらい
‧自動電圧調整(AVR)機能で不安定な入力電圧を調整
‧転送時間は4ms 以下
‧付加フィルターによりオフラインUPSよりもノイズ、サージからの
  保護機能が強い
‧バッテリの再充電時間が短い
‧価格は中価格帯
適用 ‧PC, サーバ、ワークステーション、危険度を要する装置
環境 ‧オフラインUPSとオンラインUPSのハイブリッド
オンラインUPS
特徴 ‧常時バックアップモード
‧電源品質が良い
‧自動電圧調整(AVR)機能で不安定な入力電圧を調整
‧電源断時に転送時間ゼロ
‧ノイズ、サージの保護レベルはとても高い
‧低い効率性と発熱の問題
‧価格は中~高価格帯
適用 ‧危険度の高いサーバ、ワークステーション、ネットワーク装置、高
  精細機器
環境 ‧電源品質の悪い地域や、安定した電源品質が求められる工業地帯で
  使用される

 
UPS カレッジ – 用語集
アンペア アンペアとは電流の基本的な単位で、装置が動くために必要な電流の量を計ります。コンピュータのモニタはアンペアで評価され、使用電力を表します。
停電 停電とは、入力電力がしばらくの間止まることを意味します。予期せぬ停電は、危険なシステムシャットダウンにより、データ損失やハードディスクのクラッシュなどを引き起こしてしまいます。
電圧低下 電圧低下とは入力電圧の低下です。電圧低下は最も一般的な電力問題で、全ての電力問題の4分の3以上に該当します。電圧低下が起こると、コンピュータシステムは低電圧のために動作ができなくなります。それにより重要なコンポーネントの過度な消耗と、早期障害を引き起こすことがあります。
ジュール ジュールとはエネルギーの単位です。ジュール評価はUPSシステムとサージ保護器に対してどれくらいのサージ保護を提供するかということになります。CyberPowerのUPSは各コンセントのジュール評価をリストアップします。しばしば、全体のジュール評価(コンセント数x各コンセントの評価値)がその装置のジュール評価と表示されることもあります。システムに例外的な保護を確実にするには、400または400以上のジュール評価をもつ装置をさがします。
雷の一撃がシステムに破滅的な損害を引き起こす原因となります。
ラインノイズ ラインノイズとは、ヘアドライヤー、電子レンジ、電気掃除機のような他の電気機器からの干渉によるノイズです。ラインノイズは、蛍光灯によっても起こることがありえます。ラインノイズの一般的な例としては、他の機器を動かしている時にテレビ画面に現れる「スノーノイズ」がそうです。
電源断 電源断とは電気の完全な中断です。これはデータの損失だけでなく、ハードウェアにも損害を引き起こします。電力が回復するとき、電源断後のサージ、スパイクの本当の危険に遭遇します。
サグ サグとは電圧が短時間において減少することを言います。サグは最も一般的な電力問題の1つで、コンピュータが機能できない電力不足の状態になり、キーボードが固まり、システムクラッシュ、データ損失に至ります。
サージ サージとは電圧が短時間において増加することを言います。一般的には少なくとも1/120秒続きます。サージは通常、大容量の電気(エアコン、冷蔵庫、複写機など)が生じる機器が止められる時に引き起こされ、これらが使っていた余分の電気は送電線へと送りこまれます。サージは頻繁に、しかも気がつかないうちに短時間で起こります。サージはデータを壊すのと同じように、コンピュータに損害を引き起こすことがあります。
スパイク スパイクとは電圧の瞬間的な増加です。最も頻繁に起きるのは雷の近くで、停電の後にくる電気によって起きます。スパイクはAC、ネットワーク、シリアルラインまたは電話回線を介して機器に入り込みます。モデムの転送中止、マイクロチップ障害などハードウェアが「お手上げ」の状態を引き起こします。
電圧サグ 電圧サグ(Sag)とは電圧低下の別名です。
ボルトーアンペア UPSシステムを購入するとき、どれくらいの容量を必要とするかを知る必要があります。この容量はボルト-アンペアで測られます。必要とするボルト-アンペアの数値を測定するためには、アンペアの値に120を掛けてください。測定値がワットであれば、1.82を掛けてください。たとえば、モニタが2アンペア(2x 120 = 240)を使い、そしてコンピュータが100ワット (100x 1.82 = 182)であれば、必要なボルト-アンペアは407(240 + 182 = 422) になります。
ワット ワットとは電気の単位です。コンピュータに使用される電気の量を示すので、コンピュータの電気供給はワットで表示されます。
 
 top
 
 
 
©2012 サイバーパワー 著作権所有. 無停電電源装置 サージ保護システム            法的通知